吹奏楽情報サイト ブラスフリーク

吹奏楽の情報サイトにして行こうと。自分は愛知県の人間なので、とりあえず東海地区中心にコンクールの情報、吹奏楽曲のお話、中高生の部活の進め方、指導者様や部長、副部長が感じるであろう部活の問題の解決など、様々な視点から吹奏楽を語ってまいります。

2019年 吹奏楽コンクール東海大会 職場一般の部 結果掲載

2019年 吹奏楽コンクール東海大会 職場一般の部

2019年9月8日 長野県民文化会館(ホクト文化ホール

 

 

1、銀賞   愛知県 古祀ひかりウィンドオーケストラ  渡辺尚也
[課] II  [自] 古祀 (保科洋)
 

2、金賞  三重県 白子ウインドシンフォニカ  宮木均
[課] II : [自] 《GR》より シンフォニック・セレクション(天野正道)
 

3、銀賞  愛知県 ルロウ・ブラス・オルケスター   遠藤宏幸
[課] I : [自] 富士山 -北斎の版画に触発されて- (真島俊夫)
 

4、銅賞  長野県 松本シビックウインドオーケストラ 高橋雅大
[課] III :[自] スピリティッド・アウェイ 《千と千尋の神隠し》より (久石譲木村弓 (森田一浩))
 

5、金賞 代表  愛知県   Nisshin Wind Orchestra  清野雅子
[課] I : [自] 交響詩ドン・ファン》 (R.シュトラウス(森田一浩))
 

6、銀賞  岐阜県 岐阜ブラスオルケスター  小林聡
[課] II : [自] イワン雷帝 (プロコフィエフ (榛葉光治))
 

7、金賞 代表 朝日  静岡県 浜松交響吹奏楽団  浅田享
[課] II : [自] リグ・ヴェーダ 天地創造への賛歌 (清水大輔)
 

8、銀賞  愛知県 ウィンドアンサンブル尾東   河田智仁
[課] I : [自] 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》 (マスカーニ (宍倉晃))
 

9、銀賞  長野県 アンサンブル・ヴィルトゥオーゾ吹奏楽団  萩谷克己
[課] III : [自] 秘儀Ⅳ〈行進〉 (西村朗)
 

10、金賞  愛知県 東海市吹奏楽団  大澤健一
[課] II : [自] アルメニアン・ダンス・パートII (A.リード)
 

11、銀賞  愛知県 春日井ウィンドオーケストラ   桐田正章
[課] III : [自] 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》 (マスカーニ (宍倉晃))
 

12、銀賞  三重県 上野ウインドアンサンブル   淺井健吉
[課] V : [自] 宇宙の音楽 (スパーク)
 

13、金賞  静岡県 静岡大学OB吹奏楽団  三田村健
[課] I : [自] シダス (ドス)
 

14、銅賞  岐阜県 TSS~ウインドアンサンブル垂井  森下英雄
[課] I : [自] シネマ・シメリック (天野正道)

 

 

2019年 吹奏楽コンクール東海大会 職場一般の部

2019年 吹奏楽コンクール東海大会 職場一般の部

2019年9月8日 長野県民文化会館(ホクト文化ホール

 

曲目等情報元 musicabella 吹奏楽コンクール データベース

1、愛知県 古祀ひかりウィンドオーケストラ  渡辺尚也
[課] II  [自] 古祀 (保科洋)
 

2、三重県 白子ウインドシンフォニカ  宮木均
[課] II : [自] 《GR》より シンフォニック・セレクション(天野正道)
 

3、愛知県 ルロウ・ブラス・オルケスター   遠藤宏幸
[課] I : [自] 富士山 -北斎の版画に触発されて- (真島俊夫)
 

4、長野県 松本シビックウインドオーケストラ 高橋雅大
[課] III :[自] スピリティッド・アウェイ 《千と千尋の神隠し》より (久石譲木村弓 (森田一浩))
 

5、愛知県  Nisshin Wind Orchestra  清野雅子
[課] I : [自] 交響詩ドン・ファン》 (R.シュトラウス(森田一浩))
 

6、岐阜県 岐阜ブラスオルケスター  小林聡
[課] II : [自] イワン雷帝 (プロコフィエフ (榛葉光治))
 

7、静岡県 浜松交響吹奏楽  浅田享
[課] II : [自] リグ・ヴェーダ 天地創造への賛歌 (清水大輔)
 

8、愛知県 ウィンドアンサンブル尾東   河田智仁
[課] I : [自] 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》 (マスカーニ (宍倉晃))
 

9、長野県 アンサンブル・ヴィルトゥオーゾ吹奏楽  萩谷克己
[課] III : [自] 秘儀Ⅳ〈行進〉 (西村朗)
 

10、愛知県 東海市吹奏楽  大澤健一
[課] II : [自] アルメニアン・ダンス・パートII (A.リード)
 

11、愛知県 春日井ウィンドオーケストラ   桐田正章
[課] III : [自] 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》 (マスカーニ (宍倉晃))
 

12、三重県 上野ウインドアンサンブル   淺井健吉
[課] V : [自] 宇宙の音楽 (スパーク)
 

13、静岡県 静岡大学OB吹奏楽  三田村健
[課] I : [自] シダス (ドス)
 

14、岐阜県 TSS~ウインドアンサンブル垂井  森下英雄
[課] I : [自] シネマ・シメリック (天野正道)

 

さて、中高生のみな皆さんはあまり興味がないと思われますが、中高生の時にバリバリ吹奏楽をやってた人たちが大人になってもバリバリに熱い思いを持ったまま吹奏楽をやってるんです。それが職場一般の部。

中学、高校の吹奏楽のレベルはとんでもないものがありますが、職場一般の部の上手さと言うのは中高生には無い上手さがあります。技術レベルは劣っても音楽の素晴らしさと言う意味では中高生には絶対に真似できないものがあります。人生経験を積んできたからこそ出来る音楽がそこに。各団体にプロ顔負けのプレイヤーが存在し、とんでもないソロを聴かせてくれたりします。中高生の皆さんも機会があったら一度聞きに行ってみると良いと思います。目ん玉飛び出ますよ(;^_^A

 

ヤマハ吹奏楽団浜松は今年は出場しない。ここ数年東海を席捲してるのは三重県の「白子ウインドシンフォニカ。去年一昨年と全国大会に連続出場。しかしそれまでの東海の雄「浜松交響吹奏楽団」も今年は黙ってはいないだろうと。ヤマハがいないとはいえ白子に勝って全国大会をと思ってるに違いない。

 

さらに今年不気味なのが愛知県の「 Nisshin Wind Orchestra」愛知県の日進地区の中学校を全国レベルに育て上げたといっても良い清野先生の指揮。しかしまだまだ大人相手にはと思っていたらなんと去年の東海大会で金賞。すでにそのレベルにあるならひょっとするかもしれないなと。

 

さらにおちゃらけた団体名ではあるが「古祀ひかりウィンドオーケストラ」去年も古祀、今年も古祀。そしてこの団体を指揮するのは長く「光が丘女子高校」を指導し、光が丘を全国レベルに育て上げた渡辺尚也氏。これも不気味。と言うか自分はこの保科洋氏の「古祀」と言う曲が吹奏楽曲と言うくくりの中では断トツに好きなんです。なんだったら古祀ひかりウインドに入りたいぐらい。

応援してます。ずっと古祀を自由曲に(⌒-⌒; )

 

そして大澤健一氏が指揮者に復帰して2年目の東海市吹奏楽団にも注目。

 

聴きに行きたいけど

 

長野は遠いなぁ。

2019年 吹奏楽コンクール東海大会 高等学校A編成 結果

2019年 吹奏楽コンクール東海大会 高等学校A編成 8月25日  アクトシティ浜松

 

東海吹奏楽連盟ホームページ

http://www.ajba.or.jp/tokai/index.html

 

金 代表 朝日  光ヶ丘女子高等学校   日野 謙太郎
課5   インヴォカシオン~「エル・プエルト」を元にして【L.S.アラルコン】


2  三重県立神戸高等学校  大野 博史
課2  交響詩 アルプスの詩【F.チェザリーニ】

3  高山西高等学校  永瀬 敬至
課1  吹奏楽のための交響曲「ワインダーク・シー」より 【J.マッキー】

金 長野県小諸高等学校  高砂 佑介
課4 フェスティヴァル・ヴァリエーション
【C.T.スミス】

金 代表 浜松聖星高等学校  土屋 史人
課2 いにしえの時から【J.ヴァン=デル=ロースト】


銀 桜丘高等学校  小笠原 克徳
課2 シンフォニエッタ第3番「響きの森」【福島弘和】


7  長野県上田高等学校  高木 雅啓
課2 紺碧の波濤 【長生 淳】

銅 岐阜県立大垣商業高等学校  川地 利久
課4 歌劇「アンドレア・シェニエ」より
【U.ジョルダーノ】


銀 静岡県立浜松商業高等学校  齋木 隆文
課4 バレエ音楽中国の不思議な役人」より
ベラ・バルトーク】(加養浩幸)


10 銀 愛知県立岡崎北高等学校  新野 智子
課5 シネマ・シメリック 【天野 正道】

11 金 静岡県立浜名高等学校  太田 貴望
課2 シンフォニエッタ第3番「響きの森」
【福島弘和】


12 銀 安城学園高等学校  原田 大雪
課2 ENERGICO from’ Out of Earth’
【O.ヴェースピ】

13 銅 三重県立白子高等学校  桐生 智晃
課2 「レクイエム」より、奉献唱・聖なるかな・我を救いたまえ【G.ヴェルディ】(鈴木 英史)


14 銀 長野県豊科高等学校  細萱 裕樹
課4 ウインドオーケストラのためのマインドスケープ【高 昌帥】

15 金 代表 愛知工業大学名電高等学校  伊藤宏樹
課2 ブリュッセル・レクイエム【ベルト・アッペルモント】

16 銅 岐阜県立東濃実業高等学校  加地 寛人
課1 ルイ・ブージョワの賛歌による変奏曲
【C.T.スミス】

17 銀 名古屋大谷高等学校  山本 真史
課1 吹奏楽のための「海の詩・風の詩」
東日本大震災の追悼・復興を祈って~(原典版)【松下 倫士】

18 銀 長野県松本蟻ヶ崎高等学校  小林 真奈美
課5 吹奏楽のための協奏曲 より 【高 昌帥】

19 銀 皇學館高等学校  前川 幸生
課2 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」から【高 昌帥】

20 銀 静岡県立浜松湖南高等学校  内野 晴夫
課2 楽劇「サロメ」より「7つのヴェールの踊り」【R・シュトラウス】(森田一浩)

 

さて、毎度の学校が毎度の全国大会。これは学校としての取り組み、さらには進学する中学生からするとやっぱりブランド力も相当にある。上手い学校には上手い生徒が集まるだろうしね。50人で演奏する吹奏楽コンクール、なかなかひっくり返すのは難しい。しかし強豪校にも最初はあったわけで、絶対に無理だと思ってしまってはどうにもならない。何とか頑張って欲しいものです。

こうなってしまうと散々批判を浴びた3年連続全国大会出場で次の年は不出場というシステムも必要だったりするのかなー。と思ったりする。これでは他の学校がモチベーションを保つのが難しくなるわな。

 

しかし中学校でも思ったが、最近三重県の「白子」地区はどうしたんだろうか。

数年前まで千代崎中学や白子中学、白子高校が度々全国大会に出場したりと活躍が目立っていたが、中学はぱったりと東海大会にも出場してない。高校も東海大会では金賞の常連だったのにここ数年は全国どころか金賞にも届いてない。中学はカリスマ指導者の中山先生の名前を見なくなったからそれが原因なんだろうが、中山先生はどちらに?今の白子で活発なのは職場一般の白子ウインドシンフォニカだけだ。

一体どうしてしまったのか。地区ごと吹奏楽処という感じだっただけにちょっと寂しく感じる。復活を待ちたいと思います。

 

高校生の皆様、指導者の皆様、そして保護者の方々も、本当にお疲れ様でした。

全国大会に行く学校はまだまだこれから。頑張ったけど全国大会に行けなかった学校のぶんまで、必ず東海大会より良い演奏をする。それを目標に頑張って下さい。

 

そして、残念ながらここで終わってしまった学校の生徒たち、激しく長い夏休み、本当にお疲れ様でした。夏休み全く遊べなかったと思いますが、遊べないほど部活に打ち込める生徒ってほんの一握り。激しく吹奏楽に打ち込んだ夏休みは皆さんの良き思い出となり、人生の自信になるはずです。残り少ない夏休みをしっかり遊んで、また自分自身の次のステージに向けて頑張って下さい。

 

お疲れ様でしたっ!

2019年 東海吹奏楽コンクール 中学校A編成結果

2019年 東海吹奏楽コンクール 中学校A編成結果

令和元年(2019年) 8月24日 アクトシティ浜松

 

このシーズンにブログを始めたので、とりあえず東海大会の結果を。各地区の吹奏楽連盟のサイトを見てまわりましたが、他の支部は出演団体と結果だけを掲載してるだけなのに対して、東海地区は出演学校名だけじゃなく、演奏曲目までしっかり載せてくれてるのが良いですね。

 

しかし、邦人オリジナル作品だらけだなー。

 

1    静岡県浜松市立南部中学校 杉山 智章
  課1  時の跳ね馬 吹奏楽のための 中橋 愛生

 

2   愛知県碧南市立南中学校 新美 哲夫
  課4  大いなる約束の大地~チンギス・ハーン 鈴木英史

 

3    長野県上田市立第二中学校 金井 也寸志
  課4  大いなる約束の大地~チンギス・ハーン 鈴木英史

 

4    岐阜県大垣市立東中学校 中村 充
  課4  ブリュッセル・レクイエム B.アッペルモント

 

5  銅  三重県四日市市立朝明中学校 浅野 圭主馬
  課3  風姿花伝秘すれば花~ 福島弘

 

6  銀  三重県四日市市立南中学校 高橋 唯
  課1  歌劇「蝶々夫人」第2幕より G.プッチーニ(高橋 唯)

 

7  銀  長野県松本市梓川中学校 妹尾 圭子
  課2  ル・シャン・ドゥ・ラムール・エ・ドゥ・ラ・プリエール(愛と祈りの歌)松下倫士

 

8    静岡県浜松市立湖東中学校 宮津 宗之
  課2  復興 保科 洋

 

9  金  愛知県日進市立日進中学校 田嶋 夕子
  課3  祝典序曲 J.イベール(天野 正道)

 

10   金 代表 朝日 愛知県日進市立日進西中学校 大竹 礼子
  課1  交響曲第1番 第1楽章 J.シベリウス(大竹 礼子)

 

11    愛知県春日井市立中部中学校 稲田 泰浩
  課1  眠るヴィシュヌの木 樽屋雅徳

 

12  銀  愛知県名古屋市立植田中学校 玉谷 敏弘
  課4  風の渡る丘~吹奏楽のための 中橋愛生

 

13  金代表  静岡県浜松市開成中学校 加藤 幸太郎
  課4  吹奏楽のための交響詩「夜明けを駆ける幻影」 内藤友樹

 

14  銅  岐阜県神戸町立神戸中学校 藤井 隆史
  課1  パラフレーズ・パァ≪スタティック・エ・エクスタティック≫アヴェック・アン・プロローグ・エ・レピローグ 天野正道

 

15  金  長野県松本市立鎌田中学校 塚田 理恵
  課1  パラフレーズ・パァ≪スタティック・エ・エクスタティック≫アヴェック・アン・プロローグ・エ・レピローグ 天野正道

 

16  金  静岡県浜松市天竜中学校 小林 翼
  課4  秘儀IV〈行進〉 西村 朗

 

17  銀  愛知県岡崎市立北中学校 鶴田 純司
  課1  歌劇「トスカ」より G.プッチーニ(鈴木英史)

 

18  銀  三重県四日市市立内部中学校 髙橋 律
  課4  パラフレーズ・パァ≪スタティック・エ・エクスタティック≫アヴェック・アン・プロローグ・エ・レピローグ天野 正道

 

19  銅  岐阜県田町立池田中学校 東 次朗
  課2  エルサレム讃歌  A.リード

 

20  金代表  長野市立東北中学校 原 武男
  課1  トリプロ・トリプルム  高 昌帥 

 

今年は吹奏楽コンクールには名古屋地区の高校を聴きに行っただけ。東海大会は日程も無理だしチケットも取れないしで全く行けませんでした。残念。数年前までの三重県鈴鹿市の、中山先生が指導する白子、千代崎両中学の躍進が終わり、伝統的に吹奏楽のレベルが高い愛知県日進市の日進西中が今年も代表。しかもシベリウスの一番て(⌒-⌒; )コンクールでは聴いたことないっすわ。後々録音で聴けるのを楽しみにしてます。さらには今年も浜松開成中学。そして長野市の東北中学。データを見てると東海大会すら初出場のようで、それでいきなり全国大会とは。全国大会での活躍を期待します。玉谷先生の植田中学、来年こそはっ!

 

中学生の皆様、指導者の皆様、そして保護者の方々も、本当にお疲れ様でした。

 

全国大会に行く学校はまだまだこれから。頑張ったけど全国大会に行けなかった学校のぶんまで、必ず東海大会より良い演奏をする。それを目標に頑張って下さい。

 

そして、残念ながらここで終わってしまった学校の生徒たち、激しく長い夏休み、本当にお疲れ様でした。夏休み全く遊べなかったと思いますが、遊べないほど部活に打ち込める生徒ってほんの一握り。激しく吹奏楽に打ち込んだ夏休みは皆さんの良き思い出となり、人生の自信になるはずです。残り少ない夏休みをしっかり遊んで、また自分自身の次のステージに向けて頑張って下さい。

 

お疲れ様でしたっ!

銅賞から銀賞へ 基礎合奏の必要性と組織としての基礎合奏の進め方①

銅賞から銀賞へ 基礎合奏の必要性と組織としての基礎合奏の進め方

 

基礎合奏とは

基礎合奏は、合奏の中で基礎練習をする、もしくは合奏の基礎を学ぶと言う捉え方が出来ます。音程や音色、和音などを曲以外の合奏で合わせていくというもの。

しかしここで言う基礎合奏は少し意味合いが違います。

ここで言う基礎合奏は

強制的に基礎練習をさせる

というニュアンスのもの。

 

吹奏楽部として結果が出てない部にとって基礎合奏は必須の練習です。 

何故それが必要かと言うと、今の部活の現状を見渡してみてください。

例えば基礎練習ひとつ取ってみても、ロングトーンタンギング、音階練習、金管ならリップスラー木管なら速めの音階練習、アルペジオなど様々やる事はあります。

 

どうですか?部員たちはみんな真面目にその練習をしてますか?

 

そんなわけないですよね。

基礎練習はみんな好きじゃない。出来ればあんなしんどいことやらずに上手くなりたい。しかし避けては通れないもの。運動部で言う走り込みみたいなもんなのでね。

しかしやっぱりしんどいからサボりたくなる。

それは普通の感覚。

それが目標高く頑張ってて上手くならないとコンクールのメンバーから外れると言う恐怖感を持たないといけない部ならそれでもやる。

 

しかしそうでない部は真面目にはやらないのが普通。やってるように見えてても何の為にこの練習をしてるのかさえ理解してないのが実情です。

 

本来練習は個人が責任を持ってやるもの。

しかし上に書いたように結果も出てなければ目標も定かでない部活の部員にそれを求めても仕方ない。

指導者側からすると

まったくうちの生徒は!!

となると思いますが、「うちの生徒」だけじゃありません。どこでも同じです。地区大会で金賞を取ってるぐらいの学校の部員でも時期によってはそのぐらいの感覚でいるのが普通です。

 

よく基礎合奏なんて効率が悪いと言う人がいます。確かに合奏でやっても自分の音が聴こえにくいので効率が悪いかもしれません。しかしそれはレベルの高い部に言える事。

そうでない部にとってはまずサボっている生徒に練習をさせる事。さらに基礎練習を無理やりにでもやらせる。合奏として全員で取り組む事でやらざらるを得ない状況を作る事が大事なんです。

 

何も考えずにダラダラ楽器くわえてるだけなら効率が悪くてもやらせた方がまし。

 

そう言うことです。

 

基礎合奏の進め方

基礎合奏は毎日やります。

まず部活に来たら各自ウォーミングアップ。

10分後とかにすぐ始められれば良いのですが、学校の事情が様々あると思います。基礎合奏の開始はほとんどの生徒が揃う時間に設定します。練習時間の少ない中なのでよく考えて開始時間を決めて下さい。

とは言え練習開始時間すぐだと様々学校の用事で来てない生徒もいますね。

基礎合奏が始まる時に部員が半分もいないような状況は良くありません。生徒の中に「途中から行けば良い」と言う気持ちが出るからです。なのでしっかり時間を決めて生徒が揃ってから始めるようにしましょう。

 

指導する側の生徒を育てる

必ず指揮者の位置に生徒を一人立たせます。

これは絶対です。

前に立って何をするかと言うと、

 

①練習の進行

文字通り練習の進行です。

ロングトーンをやります。B♭dur、8拍伸ばして2拍休み。

とか言う指示を出します。

進行をする生徒がいないと「次なに?どーする」と言う感じでダレた雰囲気になりますし、時間も無駄になります。

進行するだけでも結構大変ですが、練習内容は毎日同じです。音階の調が変わったりするだけなのでこれはすぐ慣れると思います。

 

②注意、指導

生徒にそんな事出来ませんとおっしゃるかもしれませんが、それを出来る生徒を育てないと絶対に部活の実力は向上しません。

簡単な指導だけで良いので、各練習項目が終わる度に何か注意して、そこをもう一度やらせる事が出来れば良いと思います。

そうする事で意識して練習に取り組むようになります。

 

③サボってる人間の発見

これは前に人が居るのと居ないのでは大違いなんです。前に人が居ないとサボり放題です。横に居る生徒同士は間違いなくサボってても注意しません。前に人を立たせる事で見られてる感覚になるので容易にサボる事は出来なくなります。

 

先生が立つのも時々は必要ですが、これは基本的には生徒が立つべきものです。生徒だけでしっかり質の高い練習を出来るようにならないと上手くはなれないのでね。

なかなか最初は難しいと思います。

一番最初は先生が前に立って基礎合奏の指導をします。その時に部長、副部長には「来週からは貴方たちがやる」と言う事を伝えておきます。そうする事で彼らは他の人の音を聴こうとしますし、それまで指導されるだけだったものが指導の仕方を見るようになります。最初は部長と副部長が交代でやる感じで良いと思いますが、いずれはパートリーダーなり下の学年の生徒にもやらせられれば良いですね。

 

生徒たちだけでやるようになって数日は先生は後ろで見てないといけません。

しかし絶対練習中に口を挟んではいけません。前に立つ生徒に依存心が出ます。さらに先生が口を挟む事で前に立つ生徒以外が彼らの言う事を聞かなくなります。

前に立つ生徒に練習の進め方などの指導をする場合、練習が終わってから個人的にしなければなりません。なんせ彼らを指導者にしないといけないわけですから、一般の生徒にもそう認識させないといけません。

他の生徒の前で彼らを指導したり注意したり、彼らを飛び越して他の生徒を指導したりは絶対にしてはいけません。

彼らの立場を作る為には絶対です。

唯一口を挟んで良いのは前に立つ生徒の言う事を他の生徒が聞かない時だけです。

 

生徒たちだけで練習を進められるようになるには時間がかかります。前に立つ生徒の成長を待たなくてはいけません。そして生徒同士の事なので前に立つ生徒が孤立しかねません。どこまで行っても先生のバックアップは必要です。

生徒たちだけでしっかり練習を進められるようにしっかりフォローしてあげましょう。

 

次回は実践編です。

吹奏楽 銅賞から銀賞へ

中高吹奏楽部、某芸術大学を経て様々演奏や指導に携わり、しかし今は時々アマチュア吹奏楽団と遊んでるぐらい。いったいどうしたんだろう、、、。

 

と、そういうブログではなく(⌒-⌒; )

 

様々指導に行く中で色々思うことがありました。

100人を超える部員を抱え、毎月プロのオーケストラ団員を講師として招き、専用の練習室、合奏室を持ち、全国大会に出場している学校もあれば、部員数20人、使える部屋は一つしかなく、打楽器以外はみんな廊下で練習、コンクールは毎年銅賞。そんな学校もある。

 

自分、自慢じゃないけどもう大したことはできません。なんせ長く音楽を離れてますので。しかしね、ほんとに専門的な知識とプロ並みの感覚を持ってないと出来ない指導もあるけど、そうでない場合もある。

 

実際自分が講師として教えに行った時のこと、あるチューバの高校生が

 

オーケストラのアレンジ曲。テンポはAllegro。4/4拍子。

 

20小節伸ばさないといけないんですけどどうすればいいですか?

 

と。

 

20拍じゃなく20小節。

 

、、、。

 

彼は真剣に聞いてる。だから真剣に答えなければ。

 

オーケストラのアレンジ曲だ。知ってる人が考えればそれはオーケストラの中ではコントラバスのパートだということはすぐにわかる。

 

チューバで吹くには?

 

一人で吹くなら音楽的に問題のない場所で息継ぎをするしかない。二人以上で吹くなら息継ぎの場所を分けるしかない。答えはこれしかない。

 

しかし彼はそれまでずっと一息で吹く方法を考えてたらしい。

 

無理やっちゅーの。

 

循環呼吸ってのはあるにはあるけど、習得するのは至難の業だし、習得したところでどうしても音のムラができるし、絶対揺れるし。そんな意味のない事に時間を費やすより良い音で息継ぎしながら吹くことの方がはるかに音楽的に良い。まさに一択。

 

ここまで見ると、

 

部活の指導者は?

 

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

様々指導に行く中で一番辛そうだったのは

 

音楽はわかってても、管楽器はまるで知らない、さらにこの吹奏楽部の独特の世界を経ずに吹奏楽部の指導を

「しなければならなくなった」

指導者が一番大変だなと。

 

管楽器のことは分からない、音程合わせろって純正率って何ぞや?コンクールに出るにも何をすれば?無数にある曲のどれを選べばいいの?さらにそんな人数の集団を率いたことなんてあるわけない、生徒は生徒で高いレベルを求めてくるのもいるだろうし、逆にまるでやる気ない生徒もいる。

 

そんなこんなで四苦八苦してる先生、部長、副部長らをたくさん見てきました。

 

そんなレベルの高い事はできませんが、そういう人たちの相談場所になればよいなとこのブログを始めた次第。

 

なのでこの記事のタイトルは

 

銅賞から銀賞へ

 

なのです。

 

わかってる人からしたら当たり前の事しか書きませんが、まずは吹奏楽部の普通にやってる事をやって、平均レベルの吹奏楽部を目指す。

 

音楽的な事だけじゃなく、部活の運営の面からも、

誰に聞いたら、、、。

今更聞くのも、、、。

的な事を、様々自分が経験した事の引き出しからわかりやすく説明していこうかと。

 

さらにはどんな事でも誰からでも大丈夫です。

こういう場合どーしたら、、?と思ったら質問を頂ければしっかり考えてお答えはするつもりです。

 

私にはわからん!

 

と途方に暮れてるあなたへ贈るこのカテゴリー

 

とりあえず

 

ゆっくりやりましょう。